「白い蝶のサンバ」 森山加代子

b0021211_3495159.jpg

                     「白い蝶のサンバ」(1970年)

1960年に「月影のナポリ」でデビューして、その後は洋楽カバーか「じんじろげ」、「ズビズビズー」、「バイノバイノバイ」といったコミカルな曲で大ヒットを連発した。
この頃は弘田三枝子のライバルとして歌謡界のトップに君臨していたが、徐々にヒットが出なくなっていたが、1970年にこの「白い蝶のサンバ」で見事に復活。

この時代の歌謡曲は自分にとっては初期の音楽体験で、この時代にヒットした曲がその後の音楽趣向に大きく影響を与えているように思います。
この曲や渚ゆう子の「京都慕情」、アン真理子の「悲しみは駆け足でやってくる」、千賀かほる「真夜中のギター」、由紀さおり「生きがい」といった名曲群は自分の原点と言ってよいと思っています。
[PR]

by swan_ox | 2009-03-19 04:26 | 歌謡曲 | Comments(8)

Commented by 満之丞 at 2009-03-19 19:30 x
スワン師匠、こんばんわ♪

自分にとってもこの頃って、月並みですが歌謡曲黄金時代でありました。

今でも「白い蝶のサンバ」は、携帯に落として持ち歩いてるくらい好きですし、渚ゆう子の『京都シリーズ』は、頭にこびりついて離れません(最近マイ・ブームな長崎ご当地ソング、長崎慕情が思い出せないのが淋しいですが…^^;)。

それにしても「生きがい」の歌詞って今考えると、ちょっぴり危ない人かも...
でも、とっても好きです、この空気感(^^)
Commented by white at 2009-03-19 19:59 x
私の原体験はもう少し前の68年頃なのですが、70年~72年くらいは、まさに歌謡曲黄金時代でした。
『白い蝶のサンバ』は大好きな曲で、歌詞の内容が大人っぽいので、聴くたびに頬が火照った記憶があります。
渚ゆう子の『長崎慕情』はシングル持っていました。満之丞さんYoutubeで聴けますよ。
由紀さおりはどちらかといえば『手紙』の印象が強いです。
Commented by kuronekoyuya at 2009-03-19 20:48
わぁ〜!森山加代子ちゃん!
ティンタレ・ラリルッナ!って小さいころ意味もわからず歌いました
「白い蝶のサンバ」のときは大人っぽくなっててびっくり
そういえばよく弘田三枝子ちゃんと間違えちゃうんですよね・・・
歌唱のスタイルが全然ちがうのになんとなく似てるような・・・
ファッションや、復活してきたときのサイケなかんじなどが
なんとなく似たイメージだったのかもしれませんね
なるほど、おでにも「京都の恋」「君こそわが命」「逢いたくて遭いたくて」
「逢わずに愛して」「港町ブルース」あたりに自分の歌謡曲のルーツがあるような気がします
どちらかというと洒落たかんじのムード歌謡っぽいのが好きでした〜
Commented by スワン at 2009-03-21 20:58 x
満之丞先輩、こんばんは。
長崎ご当地ものも楽しみにしています。長崎って都市の大きさの割りに歌が多いですよね。採用され率は全国ナンバー1ですかね。

長崎慕情 ♪丘に登れば 外人墓地辺り~♪
いいですよね。京都シリーズに比べると地味ですけどね。
「生きがい」の歌詞、言われてみればこれってストーカーですよね。(^^)
Commented by スワン at 2009-03-21 21:02 x
whiteさん、こんばんは。
自分も68年くらいの曲も覚えていることは覚えているのですが、はっきりと自覚して歌番組を見るようになったのはこの頃からなんですよ。

たしかに「手紙」の方がヒットしましたからね。「手紙」も大好きな曲ですが、「生きがい」はバカラックみたいなサビがツボなんです。
Commented by スワン at 2009-03-21 21:08 x
おで様、こんばんは。
おお~、それは「月影のナポリ」でしたっけ??
カバーポップス時代があってその後に歌謡曲時代にも大ヒットを出しているという点で弘田三枝子とはライバルみたいな関係ですよね。ただ、歌唱力では圧倒的にミコちゃんだとは思いますが・・・
「君こそわが命」「逢いたくてあいたくて」「逢わずに愛して」ってムード歌謡の古典と呼べる名作ですよね。当時はこれが一番ヒップだったんですよね。ムード歌謡は洋楽っぽいと思います。
Commented by BYRD at 2009-03-22 14:50 x
この森山加代子の「白い蝶のサンバ」がヒットしてた頃はまだ生まれてもなかったのですが、この時代の歌謡曲は自分のような後追いの人間が聴いても心に残るものが多くて本当に素晴らしいですよね。

由紀さおりもスワンさんに教えていただいてからCDを買って「手紙」と「いきがい」をリピートして聴きまくってました。そういえば渚ゆう子もエントリが下書きのままで未だに書けずといった状態でして・・・また気が向いたときにでも書ければと・・・(^^;
Commented by スワン at 2009-03-24 00:03 x
BYRDさん、こんばんは。
歌謡曲が面白い時代って68~72年くらいのような気がします。
というかその時代の歌謡曲に思い入れのある曲が多いとも言いますが・・

渚ゆう子のエントリーの話を以前オフミのときに聞いてそれからずっと楽しみにしています。(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード