ジーン・クラーク 「ジーン・クラーク (ホワイト・ライト)」

b0021211_18451.jpg

                           「Gene Clark」

今日は昼過ぎに思いついて伊香保、草津と群馬県の温泉めぐりに一人で行ってしまった。
車の中で麻丘めぐみやら、バーズやらを聴いていたのだが、バーズの初期の曲は圧倒的にジーンクラークの曲が良いと思った。そこで帰宅してジーン・クラークのアルバムを聴いてしまった。

ジーン・クラークは62年、ニュー・クリスティ・ミンストレルズにバリー・マクガイアらとともに在籍、その後脱退してロジャー・マッギンらとバーズを結成した。

バーズの初期の良質なオリジナル曲は多くの場合マッギン作でもクロスビー作でもなくジーン・クラーク作だったのだが、グループは「ミスター・タンブリンマン」の大ヒットのせいでマッギンのボーカルと12弦ギターがバーズのサウンドということになってしまった。マッギンと対立した彼は最初にバーズを抜けた人物になってしまった。

バーズをやめた彼は最初のソロアルバム「ウィズ・ザ・ゴスディン・ブラザーズ」(67年)、ダグ・ディラードと組んだ「幻想の旅」(68年)、次作「スルー・ザ・モーニング、スルー・ザ・ナイト」(69年)と名作を発表、それらのアルバムに収録された曲はフライング・バリット・ブラザーズ、カントリー・ガゼット、イーグルス、リンダ・ロンシュタットらが取り上げ、彼がカントリーロックのライターとして重要だったことを証明している。

この「ジーン・クラーク」はジェシ・デイビスのプロデュースで71年に発表されたデュオも含めると4作目。
オリジナルタイトルはもともと「Gene Clark」であり「White Light」ではない。しかしA面3曲目の「ホワイト・ライト」とアルバムジャケットのイメージでいつのまにか「ホワイト・ライト」と呼ばれるようになった。
b0021211_21307.jpg

自分の持ってるLPは写真のように「White Light」のタイトルになっている日本盤。今はCDもオリジナルである「Gene Clark」のみの表記である。

バーズで一番ビートルズっぽかった彼のこの代表作はカントリー・ロックを代表する1枚となっている。
[PR]

by swan_ox | 2009-04-08 02:01 | U.S.A. | Comments(12)

Commented by white at 2009-04-09 00:39 x
伊香保~草津かあ~
いいですね。
私は、ここのところ「一人金融恐慌&派遣切り状態」(笑)で、温泉行きはご無沙汰です。
それはそうと、このジャケットのよれ具合いいですね。
日本盤ジャケット初めて見ました。
Commented by スワン at 2009-04-11 20:01 x
white さん、こんばんは。
このジャケットよれているように見えるのは外のビニール袋の色のせいです。国内発売されたときに新品で買ったものなのでジャケ、盤ともにピカピカです。中古ならA+ってところです。(笑)

このアルバムCDで持っていないのを思い出して注文してしまいました。CDにはボートラも入ってるんですね。楽しみです。
Commented by white at 2009-04-12 21:40 x
ピカピカの日本盤でしたか。騙された(笑)
CDは1枚持っているのですが、2年前にボートラに釣られて注文したら、届いたのはボートラ無しの盤でした(笑)
というわけでボートラ聴いていません。
スワンさんのところにはちゃんと届けばいいですね。
Commented by スワン at 2009-04-16 18:23 x
white さん、こんばんは。
ボートラ付きCDはアマゾンのマーケットプレイスで注文しました。
海外からだと到着まで半月くらいかかるんですよね。

ボートラ楽しみです。しかし、ちゃんとボートラ付きが届くのだろうか?(^^)
Commented by BYRD at 2009-04-17 00:08 x
スワンさん、こんばんは。

バーズを離れた後のジーン・クラークのアルバムだとやはりコノアルバムかディラード&クラークのファーストあたりになりますよね。

それと大体バンド内の主導権というのはそのバンド内の一番優れたソングライターが握ることが多いと思うのですが、バーズの場合はそうでないマッギンが主導権を握ってしまったばかりにその後もかなりのメンバーチェンジを繰り返すことに・・・(笑)。もしジーン・クラークがバーズの主導権を握っていたらどうなっていたかなんてことも以前は考えたこともありました。(^^)
Commented by スワン at 2009-04-17 10:44 x
BYRDさん、こんにちは。
このアルバムずいぶん前に買ってからきちんと聴いてなかったんですけど、BYRDさんをはじめとしたブログ仲間の人がジーンクラークを高く評価してるのに影響されて聴きなおしたらすごく良かったんです。
ジーンクラークがバーズの主導権を握っていたらどうなっていたのかは自分も興味があります。
Commented by Backstreets at 2009-04-28 20:41 x
私も国内盤LPを持っているのですが、すぐに取り出せないところにしまってあるので確認が出来ません。懐かしさを覚えました。
叙情性あふれたジーン・クラークの歌声。存在感が際立つジェシ・エド・デイヴィスのギター。泥臭いというよりも土臭いといった表現がよく似合うようなアルバムです。国内盤CDの解説によると、ジャケット写真の雰囲気と3曲目の「White Light」にちなみアルバム名を『White Light』とする予定だったそうですが、手違いでジャケットに印刷されず通称として語り継がれるようになったとのことでした。ともあれ、そんな逸話と関係なく、いつまでも心に染みる1枚です。
1970年代後半にジーン・クラークはロジャー・マッギンやクリス・ヒルマンと実質バーズ再結成と言ってもよいバンドを組むもののすぐに脱退。1980年代にタコマから出したソロ・アルバムでは「ミスター・タンブリン・マン」を味わい深く歌い、晩年はバーズを名乗って活動するなど、「我こそがバーズの顔なり」と主張していたような気がします。
Commented by スワン at 2009-04-29 22:33 x
Backstreetsさん、こんばんは。
>すぐに取り出せないところにしまってある・・・
もしかしてトランクルームかなんかに預けているのですか??

たまに聴きたくなるいいアルバムですよね。

晩年はバーズを名乗って活動していたんですか。
バーズきってのソングライターですからね。
Commented by デフレおじさん at 2009-05-26 08:55 x
ご無沙汰でした kura-moさんちから飛んでまいりやした

冬の定番クルマCDとして通勤往復に多用しております。
CDR MoonDance/V・モリソン”やらCDR Blue River/E・アンダーソン”あたりと同様でございまして、これのない冬なんておじさんパッチを履き忘れて風邪を引いた状態であります。

また寄せていただきます よしなに
Commented by スワン at 2009-05-27 23:54 x
デフレおじさん、こんばんは。こちらこそご無沙汰しております。

このアルバムは冬なんですか。ジャケットはそんな感じですよね。
ムーンダンスもブルーリバーも大好きなアルバムです。
その二つに比べるとホワイトライトは聴く回数が圧倒的に少ないです。なぜでしょうかね~。

風邪といえば、自分も先月末にひいた風邪がまだ完治しません。
Commented by BYRD at 2010-06-26 21:23 x
TBありがとうございました。

ラジオ開始(開局の方がしっくりきますかな?)おめでとうございます。
また時間のある時に過去の分から聴かせていただきたいと思います。
Commented by swan_ox at 2010-06-28 09:53
こちらこそ、TBありがとうございます。 
BYRDさんの復活を心待ちにしていたので嬉しいです。ラジオは過去の分は削除してしまいました。いつでも聴ける状態というのは著作権上好ましくないかと思いまして・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード