ヨセミテ、セコイア・キングスキャニオン国立公園の旅 13 グレイシャー・ポイント

2016年6月28日(火) その4

タフトポイントから少しの移動でグレーシャーポイントを目指します。
グレイシャーポイントの少し手前のウォッシュバーン・ポイントに立ち寄りました。
ここはグレイシャー・ポイントとほぼ同じ景色が見られますが、空いています。
b0021211_14151671.jpg



バレーのバーナル滝とネバダ滝はこちらのポイントの方がよく見えます。
b0021211_14163298.jpg



これでも十分な気がしましたが、グレイシャーポイントまで行ってみます。
b0021211_1418725.jpg



グレイシャー・ポイントの駐車場は大人気でほぼ満車でした。駐車場に停めてポイントまでGO!!
b0021211_14183632.jpg



絶景が見えていますが、ポイントはもっと先のようです。
b0021211_1420436.jpg



リムを歩いていきます。
b0021211_1424238.jpg



グレイシャー・ポイント到着です。
b0021211_14234629.jpg



ハーフドームが近くに見えます。
b0021211_14252287.jpg



氷河が岩を削って作られた渓谷というのがイメージできます。日没の時間が近づきお客さんはだれも帰ろうとしません。
b0021211_14271613.jpg



ハーフドームのアップです。迫力があります。
b0021211_14285361.jpg



夕陽をあびたシエラネバダ山脈
b0021211_14301053.jpg



雲もきれいです!
b0021211_14304355.jpg



夕陽に染まるハーフドーム
b0021211_14322263.jpg



素晴らしかったです。
b0021211_14332384.jpg



ヨセミテ国立公園のゲートシティ、マリポサの宿です。
b0021211_1435228.jpg



ビールを飲んで就寝です。
b0021211_14361472.jpg

[PR]

by swan_ox | 2016-08-13 14:07 | 旅行(海外) | Comments(5)

Commented by おで at 2016-08-24 04:17 x
すばらしぃ〜!!!みんながグレイシャポイントへ行く理由がよくわかります。なるほど、ハーフドームはオムステッドポイントからも少し見えるのですね。スワンさんの写真がほんとうに美しいです。特に「日没の時間が近づきお客さんはだれも帰ろうとしません」というフレーズからどんどん、さらに美しくなってゆくところに感動しました。ヨセミテには木がたくさんあるから日本的な雰囲気もあるのですね。たしかにスケール感は段違いですが・・・あと、小さな街の小さなモーテルもきれいなところが多くて、お湯もちゃんと出るし、そういうちょっと贅沢なところが、オーストラリアと違ってアメリカらしいな、と感じた事おもいだしました。今はオーストラリアも贅沢(?)になっているかもしれませんが・・・
Commented by swan_ox at 2016-08-25 15:16
おで様、こんにちは!
ハーフドームはオムステッドポイントでも裏側から小さくですが見えます。ウォッシュバーンポイントは空いているし、駐車場からも近いのでお勧めです。ただ、ハーフドームの割れて平面になっている部分はグレイシャーポイントの方がはっきり見えます。写真でも分かるようにウォッシュバーンポイントからだと平面部分の真横になってしまうんです。

おで様はオーストラリアも行かれているんですね。オーストラリアもレンタカーで行けるところなので行ってみたいと思っています。オーストラリアはどのあたりに行かれたのでしょうか? 気になります。
エアーズロック行ってみたいんですよ。
Commented by おで at 2016-08-26 06:01 x
おでがオーストラリアにいたのは1987年から1989年にかけて、1年半ほど滞在していました。途中半年はブリスベンで博覧会の仕事をしていまして、それ以外の時期は主にシドニーにいました。

それ以降、仕事でシドニーとメルボルンへはずいぶんと行きましたが、もうかれこれ20年近くご無沙汰しています。

ですから、今はだいぶ変わったと思いますが・・・当時はアウトバックに出かけることは相当のサバイバルを覚悟する必要がありました。おでは本物のアウトバック体験はありませんが、ちょっとした国立公園へは数カ所行った事があります。まだアメリカの便利な旅を知らなかったので、それが当たり前だと思っていましたが、宿泊はたいがいキャンプ(テキトーにそのへんで野宿)で、それもカッコいいアウトドアギアなど持っていなかったので、土の上に薄い敷物をペラっとしいて寝る、腰が痛くなる、虫がくる、トイレは適当に穴掘って、シャワーなんて夢のまた夢、などなど、かなり鍛えられました。

それなりにお金を出せば良い宿があったの・・・かもしれませんが・・・(でも、たぶんあまり無かったと思います)

ですからアメリカで初めてナショナルパークの旅をした時は、身体が不自由だったり高齢であっても、ある程度の場所までは車や車椅子で安全に行くことができ、その景観が楽しめ、紙のある水洗トイレや売店も完備されていて、また宿泊もリーズナブルな値段でシャワーやフカフカベッドを使える便利さに、ほんとうに感動しました。また、国立公園がものすごくオーガナイズされている点、パークレンジャーの方たちがキッチリと自然とヴィジターを守っている点など、心から感心しました。でも逆に言えば、オーストラリアの方がワイルドな楽しみ方ができるだろうとは思います。
Commented by おで at 2016-08-26 06:03 x
(文字数が多かったので、お返事その2です)

あまりアチコチ行ってないですが、好きだったのはニューサウスウェールズ州ならシドニーから行けるブルーマウンテンが比較的便利で良かったです。泊まった事はありませんが、クラシックなホテルがありました。クイーンズランド州ではビーチめぐりみたいにして、ヒッピーみたいに車で数日野宿してまわったことがあります。でも、これは疲れました。

ニューサウスウェールズ州は、森と岩と川。ヴィクトリア州はワイン畑とスキー場。クイーンズランド州はビーチとレインフォレストと珊瑚礁。ノーザンテリトリーはアウトバック(砂漠地帯)といったイメージです。

あ、そうそう、オーストラリアはアメリカにくらべて道がとても悪いんですよ。あんな立派なフリーウェイなんてチョコっとしか無いし、田舎道は2車線でトコトコ行きます。その割にケーサツは、ヘリでのネズミ取りにやけに熱心です。

まだ行ったことはありませんが、エアーズロックはとてつもなく遠いところなので、アリススプリングスまで飛行機で行かれる方がいいかも・・・当時はノーザン・テリトリーへ車やバイクで行くなら死を覚悟して行け、とまで言われてました。大げさですね、でも携帯電話も無かったから、何日もひとっこ一人通らない場所でガス欠や事故にあって命を落とす人がけっこういたそうなんです。悪い人もいると聞きました。マッドマックスを地でゆくような、チト凶悪なイメージがありました。

なんだか悪い事ばかり書いているようですが、そんな不便さ、不思議さ、ワイルドさ、手つかずの自然の驚異&脅威が、オーストラリアの真の魅力であることは確かです。旅の上級者スワンさんには、心からおすすめします。
Commented by swan_ox at 2016-09-07 16:50
おで様、コメントに気付くの遅くなってしまい申し訳ございません。なんと80年代に滞在していらしたのですね。30年の月日で変わったところも多いと思いますが、変わるのはどちらかと言うと都市部で田舎は変わらなかったり、より過疎化が進んだりしますよね。ですが、おで様の話を聞いているとより行ってみたい衝動に駆られます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード