江利チエミ

b0021211_17581791.jpg

                                  「新妻に捧げる歌」

作詞:中村メイコ 作曲:神津善行

こども電話相談室の回答者で有名な作家の神津カンナは、このご夫妻の長女。

日本の夫婦のソングライターチームではこの夫妻の作った曲が大好きです。
作品の数は少ないですが、美空ひばりが歌った「髪」なんかも当時としては例外的なポップな作品です。
神津善行氏の作風はこの時代にあって珍しくメジャーキーを基本にしたものです。
中村八大でもマイナーキーの演歌調の作品を出していた時代に彼はあくまでも、メジャーキー主体で勝負していました。相当なオシャレな人だったのではないかと予想します。

この曲は江利チエミさんの歌謡曲時代の曲で一番好きな曲ですね。
74年の鈴木邦彦作曲の「酒場にて」も相当いい曲ですが、自分はやはり断トツにコレですね。
52年に「テネスー・ワルツ」でデビューしてからスタンダードのカバーが多かった人ですが、この1964年のシングルは本当に最高の出来栄えです。神津善行の作編曲が素晴らしいのは言うまでもないことですが、バックの原信夫とシャープス・アンド・フラッツの演奏もビッグバンドオーケストラの魅力をたっぷりと聴かせてくれます。

ひばり、いづみと共に3人娘として、サザエさん(現在のアニメ以前のドラマ版)の主役といった活躍、彼女の早過ぎる死は本当に残念です。


 幸せを求めて 二人の心は
 寄り添い結び合う 愛の灯火
  悲しみを慰め 喜びを分かち合い
  二人で歌う 愛の歌
  ララララ・・・・

 幸せを夢見て 二人の心は
 手をとり 触れ合って 愛のゆりかご
  悲しみはひそやかに 喜びはおおらかに
  二人で歌う 愛の歌
  ララララ・・・・


結婚式のスタンダードナンバーと言えるでしょう。
誰もが知ってるつまらんフォークソングなんかより披露宴ではこちらを歌いましょう。(^^)

 
[PR]

by swan_ox | 2006-12-17 17:58 | 歌謡曲