ローリング・ストーンズ 「サタニック・マジェスティーズ」

b0021211_1525898.jpg


1967年発表の言わずと知れたイギリスでの7枚目のアルバム。(アメリカでは11枚目)
サージェントの影響は間違いのないところだとは思いますが、これはサイケデリック・アルバムとして最も優れた1枚ではないかと思います。これ聴いたらサージェントなんかサイケ具合が低いな~って感じてしまいます。

ひさしぶりに千葉の実家に戻っていたので家のオーディオでアナログ三昧のリスニング生活を少しですがしてきました。
ニール・ヤング、ランディ・ニューマン、ヴァン・モリソン、ラヴィン・スプーンフルあたりの大名盤を中心にいろいろ聴いたのですが、ストーンズではこれが一番アナログで聴くとグッときますね。

楽曲的にはアメリカでシングルにもなった「シーズ・ア・レインボー」やその次の「ランターン」なんかが素晴らしいと思いますが、このアルバムはトータルアルバムとしての完成度というかSEやシュールな楽器の音といった楽曲そのものではないその時代の空気がすごく感じられるところが凄いと思います。「やり過ぎであった」との反省も当の本人たちにはあったようですが、今となってはその「やり過ぎ感」がたまらないんですよね。

このアルバム製作中にミックとキースは麻薬不法所持で実刑判決が出て投獄されています。
このアルバムの前に発売された「ウイ・ラブ・ユー」(コーラスはレノン&マッカートニー!)のイントロのSEは刑務所の鉄の扉が閉鎖される音です。この二人の逮捕は当時の音楽界に相当な衝撃を与え、それを支援したのはレノン&マッカートニーだけではなく、ザ・フーも「ザ・ラスト・タイム」、「アンダー・マイ・サム」のカップリングのシングルを録音してその収益から保釈義援金を送ったり、ピンク・フロイドも「エミリーはプレイガール」のシングルの収益金をストーンズに送ったそうです。

自分の中でストーンズのアルバムとしてはどちらかと言うと低い立場にあったのですが、今では最高に好きな1枚です。初のストーンズ自身のプロデュース作品でもあったのですね。
[PR]

by swan_ox | 2008-02-21 23:12 | U.K. | Comments(10)

Commented by kuronekoyuya at 2008-02-22 14:01
数あるストーンズのアルバムからコレを選ばれるスワンさまのセンスに脱帽!
おでにとってのストーンズは、リアルタイムでは、やはり中学時代にリリースされた「山羊の頭のスープ」あたりからで、そこから逆に時代をさかのぼって聞いていたというかんじです。
「サターニック・マジェスティーズ」では「2000光年のかなたに」や「シーズ・ア・レインボー」などが記憶に残っています。
今となってはその「やり過ぎ感」が、たまらない・・・
なるほど!最近とんと聞いていなかったのですが、無性に聞きたくなりました。
Commented by BYRD at 2008-02-22 23:11 x
いろいろ意見の分かれるアルバムですが(笑)、サイケデリック・アルバムとしてビートルズの『サージェント・ペパーズ』と比べるとこちらの方が上だと自分も思います。このアルバムで好きな曲は「シーズ・ア・レインボー」や「2000光年のかなたに」と相変わらずベタですが、地味なカントリー系の「2000マン」も好きです。シングル「ウィ・ラブ・ユー(この世界に愛を)」とそのB面の「ダンデライオン(たんぽぽ)」もこの時期ならでは楽曲でいいですね。
Commented by スワン at 2008-02-25 12:19 x
おで様、こんにちは。
コメント遅くなりすみません。自分もストーンズのリアルタイムは「悲しみのアンジー」あたりからです。おで様と同世代??
最高傑作がコレっていう訳ではないのですが、サイケものの最高傑作という意味では間違いないかと・・・。
Commented by スワン at 2008-02-25 12:23 x
BYRDさん、こんにちは。
「2000マン」は実はストーンズ初期のカントリーですよね。これ以降キースはカントリーを極めていくわけですが、とても重要な1曲だと思います。
「ダンデライオン」はストーンズの曲の中でもとりわけ好きな曲です。
Commented by 毎日がYukiYuki at 2008-04-03 20:07 x
「この世界に愛を」の扉の音が刑務所の扉とは驚きました。
コーラスはレノン&マッカートニーとは!
フーのラスト・タイムもそういう意味で録音されていたのか。
全てが初耳です。
スワンさん、ありがとう。
Commented by スワン at 2008-04-05 14:23 x
「この世界に愛を」はこのアルバムの曲ではないんですけど同じ時期の同じトーンの曲ということで・・・
Commented by POPOSUKE at 2008-06-01 16:36 x
スワンさん こんにちは

私のブログにコメントを頂き有難うございました!
少し前の記事で申し訳ないのですが、私からもコメントさせて頂きます。
また、トラックバックもさせて頂きますので、宜しくお願いします。

私もこのアルバムは大好きなので、ステレオとモノラルのアナログ盤と、CDを持っております♪
未だに熱心なストーンズ・ファンから嫌われている作品ではありますが、ある意味これほど”ストーンズらしい”アルバムは他にないと思っています。

このブログは大変参考になる記事が多いですね♪
これからも遊びに来たいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します!
Commented by スワン at 2008-06-04 14:26 x
POPOSUKEさん、こんにちは。
コメント遅くなってしまい申し訳ありません。

>これほど”ストーンズらしい”アルバムは他にないと思っています。
自分はそれに最近気付いたんですよ。
ステレオ、モノ、CDだとどれが一番音が良いのでしょうか??
自分はモノ盤は聴いたことがありません。

今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。
Commented by POPOSUKE at 2008-06-04 19:30 x
スワンさん こんばんは

>ステレオ、モノ、CDだとどれが一番音が良いのでしょうか??
個人的にはUKオリジナルのモノラル盤の音が一番良いと思います。
この盤の音質面は、永遠のライバル(?)『SGT. PEPPER'S』よりも上だと思います。
ちなみに、CDは旧規格盤しか持っておりませんが、イマイチな感じですね。

また、私のブログにリンクして頂き有難うございました!
こちらからもリンクさせて頂きましたので、今後とも宜しくお願い致します。
Commented by スワン at 2008-06-05 23:47 x
POPOSUKEさん、こんばんは。
やはりモノですか。60年代はモノがいい場合が多いですよね。
『SGT. PEPPER'S』はモノ、ステレオ持ってるんですが・・・

自分もCDは旧規格盤しか持ってません。ストーンズはリマスターを一枚も持ってません(汗)
今後ともよろしくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード