カテゴリ:歌謡曲( 99 )

スワン作品集が300曲になりました

ご無沙汰しています。

最近はブログをめっきり更新していません。
更新を怠るとトップページに広告が出てうざいので、広告が出ると何か記事をあげています。

今回は私の作品集を載せているサイトを紹介させていただきます。

古い作品集ですが、曲数で300曲、アルバムで15枚(カバーアルバム1枚含む)と
それなりの量を掲載しております。

聴いていただければ嬉しく思います。

↓ こちらです
http://tmbox.net/user/swan_ox

よろしくお願いいたします。
[PR]

by swan_ox | 2013-12-05 10:12 | 歌謡曲 | Comments(0)

生放送のお知らせ

鈴木邦彦をうたう(予告)

「鈴木邦彦をうたう」(セッション)を放送したいと思います。

放送URL
http://com.nicovideo.jp/community/co1959706



本日、22:00頃~「鈴木邦彦をうたう」
演奏予定曲(変更する場合があります)

・いとしのジザベル(ゴールデン・カップス)
・愛する君に(ゴールデン・カップス)
・天使の誘惑(黛ジュン)
・恋の奴隷(奥村チヨ)
・北国行きで(朱里エイ子)
・恋唄(内山田洋とクールファイブ)
・さらば涙と言おう(森田健作)
・情熱の嵐(西城秀樹)

よろしくお願い致します。
[PR]

by swan_ox | 2013-05-30 19:39 | 歌謡曲 | Comments(0)

生放送のお知らせ

村井邦彦&鈴木邦彦をうたう(予告)

昨日は「浜口庫之介をうたう」と「中村八大をうたう」をやったので、今週は「鈴木邦彦をうたう」と「村井邦彦をうたう」(いずれもセッション)を放送したいと思います。お二人とも大好きな作曲家さんなので楽しみです。

放送URL
http://com.nicovideo.jp/community/co1959706

スケジュール
5月27日(月)22:00頃~「村井邦彦をうたう」

演奏予定曲(変更する場合があります)

・旧約聖書(アダムス)
・廃墟の鳩(タイガース)
・エメラルドの伝説(テンプターズ)
・虹と雪のバラード(トワ・エ・モワ)
・夜と朝のあいだに(ピーター)
・美しい星(赤い鳥)
・翼をください(赤い鳥)

5月30日(木)22:00頃~「鈴木邦彦をうたう」
演奏予定曲(変更する場合があります)

・いとしのジザベル(ゴールデン・カップス)
・愛する君に(ゴールデン・カップス)
・天使の誘惑(黛ジュン)
・恋の奴隷(奥村チヨ)
・北国行きで(朱里エイ子)
・恋唄(内山田洋とクールファイブ)
・さらば涙と言おう(森田健作)
・情熱の嵐(西城秀樹)

よろしくお願い致します。
[PR]

by swan_ox | 2013-05-27 06:30 | 歌謡曲 | Comments(0)

「hug」 新垣結衣

b0021211_1073671.jpg

                                  「hug」

ファーストも良かったのですが、このセカンドはさらに上を行ってます。


「うつし絵」


「Make my day」


「Heavenly Days」
[PR]

by swan_ox | 2009-09-30 10:09 | 歌謡曲 | Comments(4)

三善英史 「ゴールデン☆ベスト 雨~円山・花町・母の町」

ビートルズのリマスターが納品延期の連絡をもらったばかりだが、またしても予約が必要なCDの登場です。



b0021211_20203930.jpg



三善英史の待望のベストアルバムが9月16日についに発売される。

彼のCDは過去にいくつか出ていたが、満足の行く内容のものがなく、大好きなアーティストにもかかわらず、いままで手を出さずにいた。

それまでのCDは、いつもタイトルにもなっている「雨」は必ず収録されるものの、曲数が極端に少なかったり、「少年記」、「彼と・・・」といった初期のすぐれたシングル曲がはずされているといった決め手にかける内容だった。
「円山・花町・母の町」のB面だったオリジナル曲「花が散ります」の未収録が痛いが、ほぼ納得のいく選曲。

これでようやく彼の名曲群が簡単に聴けるようにります。
[PR]

by swan_ox | 2009-07-03 20:46 | 歌謡曲 | Comments(9)

「白い蝶のサンバ」 森山加代子

b0021211_3495159.jpg

                     「白い蝶のサンバ」(1970年)

1960年に「月影のナポリ」でデビューして、その後は洋楽カバーか「じんじろげ」、「ズビズビズー」、「バイノバイノバイ」といったコミカルな曲で大ヒットを連発した。
この頃は弘田三枝子のライバルとして歌謡界のトップに君臨していたが、徐々にヒットが出なくなっていたが、1970年にこの「白い蝶のサンバ」で見事に復活。

この時代の歌謡曲は自分にとっては初期の音楽体験で、この時代にヒットした曲がその後の音楽趣向に大きく影響を与えているように思います。
この曲や渚ゆう子の「京都慕情」、アン真理子の「悲しみは駆け足でやってくる」、千賀かほる「真夜中のギター」、由紀さおり「生きがい」といった名曲群は自分の原点と言ってよいと思っています。
[PR]

by swan_ox | 2009-03-19 04:26 | 歌謡曲 | Comments(8)

大塚愛 「羽ありたまご」

b0021211_13322438.jpg

                            「Love Cook」

「羽ありたまご」が収録されている「Love Cook」。おそらく彼女の最高傑作であると思う。

アイドルっぽいルックスとエーベックスというレコード会社所属、盗作疑惑など評価の定まらない歌手ですけど、ごくたまに本当に素晴らしい曲を出します。

彼女のこの手のミドルチューンはあなどれないです。
しかもこの曲はアルバム曲なんですよね。この手の日本人アーティストってシングル曲が圧倒的に良くてアルバム曲やカップリング曲は片付け仕事的な場合が多いですけど、この曲は奇跡的に素晴らしいです。そういえば「Cherish」も有名な曲ですがシングルにはなっていないアルバム曲ですね。

このアルバムのシングル曲では一番好きな「ネコに風船」

どちらも発表されてからずいぶん経った作品ですが、今でも彼女はこのあたりの作品を越えていないのではないでしょうか。



「羽ありたまご」  大塚 愛

作詩:愛 作曲:愛

まぶしい光に 憧れた
その日 殻にヒビが入った
思い切って のぞいて 初めて見た高い空

嬉しくもなって 手をのばした
同時に怖くもなった
この羽の使い方は とてもじゃないけど解らない

小さく小さく 風に負けても
信じきってみたい

青い空に高く 今なら飛べるかな
もしこのまま 落下しても 今はそれでもいい

宝を持ったこと 幸でもあり
欲望にのまれたりもする
こんなはずじゃなくて 何度も言った
素直な気持ちだった

小さな世界をやぶって 大きく君を愛したい

青い空に高く いろんな景色を見て
もしこのまま 落下しても 今はそれでもいい

朱く泣く道しるべ
心は透き通って
いつか大きくうなずく

青い空に高く 今なら飛べるかな
もしこのまま 落下しても 今はそれでもいい
青い空に高く 今なら飛べるよね
もしこのまま 落下しても 今はそれでイイ
[PR]

by swan_ox | 2008-10-11 14:06 | 歌謡曲 | Comments(32)

三浦理恵子

b0021211_4111248.jpg

                             「三浦理恵子 ベスト」

実力派アイドルグループ、CoCoの元メンバー。最近はまったく名前を聞かなくなったが、アイドル歌手としての実力は相当に高い。曲が売れなくなってからはものまね番組に出たり、セミヌード写真集を出したりとそれなりに苦労した模様。

上から順に大好きな「水平線でつかまえて」「日曜はダメよ」「天使のいる渚」です。
b0021211_4154922.jpg
 
b0021211_4164254.jpg
 
b0021211_417171.jpg

彼女の声はアイドル歌手としては最高のもので、CoCoでは他のメンバーが歌ってしまっているパートが多いので彼女のソロ作品の方が良いです。せっかくの天性の歌声を持った歌手ですが、楽曲にはあまり恵まれたとは言えなかったと思います。彼女を生かせなかったスタッフには重大な責任があると思います。

そんな彼女はライブやテレビで他人の曲のカバーをたくさんやっています。きっと歌がすごく好きな人なのでしょうね。
どのカバー曲も彼女の声の魅力によって名作に仕上がっています。

「時をかける少女」
「レモンのキッス」
「チェリー・ブラッサム」
「愛のさざなみ」(離婚後の新曲、残念なことに表情が疲れている)

選曲のセンスも素晴らしいです。

最後にオマケで三浦理恵子と浜崎あゆみがデュエットしている「ハートで勝負」をどうぞ。歌唱力の差は歴然としています。(あゆも個人的には大好きですけど・・・)
♪フラッシュ♪のところを間違えて♪フレッシュ♪って歌ってます。(これポーカーの歌ですから。)

もう一つオマケ。仲間由紀恵とのデュエットです。


そういえば、京阪電車ファンの方は必聴のコレも実は三浦理恵子さんです。
[PR]

by swan_ox | 2008-06-13 23:47 | 歌謡曲 | Comments(4)

オフ・コース 「Song Is Love」

b0021211_3153861.jpg

                           「Song Is Love」



オフコースの4枚目のアルバム。この前の「ワインの匂い」とともに個人的に一番好きなオフコースのアルバムです。

最初の2枚までは小田、鈴木の双頭体制であったが、この前の「ワインの匂い」から小田和正が圧倒的といえる才能の爆発を見せてこの4枚目で「オフコース=小田和正」という図式を確立させたと言っても過言ではないアルバム。

小田の作った曲はすべて良い。鈴木も「ランナウェイ」、「青春」、「恋はさりげなく」といった並のアーティストには書けないほどの名曲を作っているが、小田作品が良過ぎる。
シングルになった「ひとりで生きてゆければ」、「めぐる季節」、「こころは気紛れ」の3曲は当然として、アルバム曲が輪をかけて素晴らしい。
特にラストの2曲「冬がくるまえに」と「歌を捧げて」は本当に感動します。「歌を捧げて」の最後にシークレットトラックのような短い曲が入ってますが、それは次のアルバム「Junktion」の1曲目なんですよね。粋なことをしてくれます。

この時期のオフコースが一番好きですね。
最近の保険のCMソング「たしかなこと」も大好きです。



矢野顕子もオフコースのミーハーなファンだって言ってましたね。財津和夫もオフコースのファンクラブの会員番号4番だったそうです。
そういえば「言葉にできない」は小室サウンドに決定的な影響を与えているのも見逃せません。
みんな実は大好きなオフコース!!

このブログを書くのにオフコースを少し聴きかえしましたが、マジで感動してしまいました。
[PR]

by swan_ox | 2008-05-27 23:59 | 歌謡曲 | Comments(10)

かまやつひろし 「ああ、我が良き友よ」

b0021211_20442061.jpg

                            「ああ、我が良き友よ」

かまやつのスパイダーズ解散後4枚目のアルバム。BYRDさんの記事のトラックバックです。

当時の日本のロック、ポップスを代表するアーティストがこぞって作品提供、またバックにはなんとタワー・オブ・パワーまでつけるという豪華さ。


一番のお気に入りはアルバム最後の曲「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」です。吉田拓郎、加藤和彦、細野晴臣、大瀧詠一、井上陽水、南こうせつといった超大御所の作家陣の中でこの曲はムッシュのオリジナルです。聴いたことのない人は家を質に入れてでも聴く必要がある名曲です。

この曲の3番の歌詞には心を打たれました。そのおかげで金欠です。


ゴロワーズを吸ったことがあるかい  作詞作曲:かまやつひろし

ゴロワーズというタバコを吸ったことがあるかい
ほらジャン・ギャバンがシネマのなかで吸ってるやつさ
よれよれのレインコートの襟をたてて
短くなるまでやつは吸うのさ
そうさ短くなるまで吸わなけりゃダメだ
短くなるまで吸えば吸うほど
君はサンジェルマン通りの近くを
歩いているだろう

ゴロワーズというタバコを吸ったことがあるかい
ひとくち吸えば君はパリにひとっとび
シャンゼリーゼでマドモワゼルに飛び乗って
そうだよエッフェル塔と背比べ
ちょっとエトワールの方を向いてごらん
ナポレオンが手をふってるぜ
マリーアントワネットもシトロエンの馬車の上に立ち上がって
ワインはいかがと招いてる

君はたとえそれがすごく小さなことでも
何かに凝ったり狂ったりしたことがあるかい
たとえばそれがミック・ジャガーでもアンティックの時計でも
どこかの安いバーボンのウイスキーでも
そうさ何かに凝らなくてはダメだ
狂ったように凝れば凝るほど
君は一人の人間として
幸せな道を歩いているだろう

君はある時何を見ても何をやっても
何事にも感激しなくなった自分に気が付くだろう
そうさ君は無駄に年をとりすぎたのさ
できることなら一生赤ん坊でいたかったと思うだろう
そうさすべてのものが珍しく
何を見ても何をやってもうれしいのさ
そんな風な赤ん坊を
君はうらやましく思うだろう


b0021211_13542542.jpg

                            ゴロワーズについて詳しいサイト

前回、堺正章のエントリーの時にも書いたのですが、ドラマ「無理な恋愛」でかまやつがロックバーのマスターで出演しているのですが、この役がハマリ過ぎなほどハマっていてもの凄くカッコイイです。

オシャレなかまやつは昔からドラマに出るときは私服で出演しているらしいです。
(毎週このドラマのハイライトはこのかまやつの私服)
先週はなんとアシュフォード&シンプソンのTシャツを着ていました。
70歳でアシュフォード&シンプソンのTシャツが似合う男は彼だけでしょう。(笑)

チョイ役なのに見所になってしまうところが流石はムッシュ!!
[PR]

by swan_ox | 2008-05-12 21:14 | 歌謡曲 | Comments(6)