キャンディーズ 「わな」

b0021211_1364.jpg

                         「わな」

キャンディーズの最高傑作のひとつ。イントロのサンタナ風のギターやサビに入る前のピアノのアレンジがもの凄くカッコイイです。後期キャンディーズは吉田拓郎作の名曲が印象深いですが、キャンディーズの育ての親とも言える穂口雄右(元アウト・キャスト!)はやはりひと味違いますね。

個人的なキャンディーズベスト(順不同)

1.年下の男の子
2.アン・ドゥ・トロワ
3・春一番
4.夏が来た
5.わな
6.その気にさせないで
7.やさしい悪魔
8.哀愁のシンフォニー

この中で1、3、4、5、6が穂口雄右の作曲です。
(3、4は作詞も穂口雄右!珍しいです)
[PR]

by swan_ox | 2007-01-26 01:15 | 歌謡曲 | Comments(6)

ソフィー・セルマーニ

b0021211_2213350.jpg

                          「ソフィー・セルマーニ」

スウェーデンのシンガー・ソングライター、ソフィー・セルマーニのデビューアルバム。
カーディガンズなんかのスウェーデン出身のバンドが活躍していた頃に出てきた歌手で流行かな?とも思いましたが、その後もディランの映画で「オー・マーシー」収録の「モスト・オブ・タイム」をカバーしたりなんかして活躍しています。

このアルバムのベストトラックのひとつである「オールウェイズ・ユー」

ナイスな選曲のベストアルバム

まるでガロのようなTV出演時の映像
[PR]

by swan_ox | 2007-01-23 22:22 | ヨーロッパ | Comments(4)

能瀬慶子 「アテンション・プリーズ」

b0021211_5273512.jpg

                         「アテンション・プリーズ」

これは浜田省吾がまだ売れていない頃、作家として提供した能瀬慶子のデビュー曲です。
テレビにもよく出ていたので覚えていらっしゃる人も多いのではないでしょうか。
浜田はこのあとのセカンドシングル「裸足でヤング・ラブ」も提供しています。(こちらはなんと作詞も浜田省吾)

最近は上戸彩主演の「アテンション・プリーズ」というドラマがあるみたいですけど、同名のドラマが70年代にもありましたね。そちらの主題歌もかなり良かったですが、この能瀬慶子の曲はもっとあとに出たドラマとは関係のない曲です。

この歌を歌うときのコツがひとつだけあります。なるべく音程をはずしながら歌ってみてください。きっと彼女のように歌えると思いますよ。(笑)
[PR]

by swan_ox | 2007-01-22 05:35 | 歌謡曲 | Comments(2)

コニー・スティーヴンス

b0021211_3145649.jpg

「ベスト・オブ・コニー・スティーヴンス~フロム・ジ・オリジナル・マスター・テープス」

大ヒット曲の「シックスティーン・リーズンズ」や、デビッド・ゲイツの最高傑作「ロスト・イン・ワンダーランド」を含むオールディーズ・ファンは避けて通れないコニー・スティーヴンスのベスト盤。

どの曲も素晴らしいですが、個人的に一押しは「悲しきミステイク」
このアルバムでは13曲目に入ってる曲です。素敵な邦題だったのにCD化の時に修正されてしまいました。(涙)
[PR]

by swan_ox | 2007-01-20 03:22 | U.S.A. | Comments(4)

飛行機

休みなのに予定がなかったので近くの伊丹空港に飛行機を撮りに行って来ました。
b0021211_1535420.jpg

b0021211_154645.jpg

b0021211_2101843.jpg

別に飛行機ファンではないので、どうやって撮るとカッコイイのか分からなかったのですが、
最近購入したVRの望遠レンズを試すのに良いかなと思い、とりあえず試写です。

やはり35mm換算で450mmのズームはすごいですね。
すべて手持ちで撮影してますが、VR効果は大きいですね。ほとんど手ブレしてません。

VRレンズも安くなったものです。
[PR]

by swan_ox | 2007-01-20 01:57 | その他 | Comments(2)

コペン 10000キロ達成!

b0021211_130792.jpg

自分が単身赴任のために嫁用に買ったコペンですが、楽しい車なので現在関西で使っています。

一昨年の8月に購入してついに今年の1月12日にめでたく10000キロ達成致しました。

b0021211_1304199.jpg

写真はその時出掛けた倉敷の町です。
世界で一番小さな電動格納式ハードトップを持つ車です。

もう1台の車はもうすぐ15万キロです。そろそろ買い替え時かな。
[PR]

by swan_ox | 2007-01-19 23:59 | その他 | Comments(2)

ロネッツ 「あたしのベビー」

b0021211_1364633.jpg
                        「あたしのベビー」

ロネッツの最高傑作!

なんかこのブログ、コメントができないみたいなんです。実験でコメントしてみてください。
できなかったら「スワンの涙 2」かなんかにその旨を書き込んでいただけると嬉しいです。
[PR]

by swan_ox | 2007-01-09 01:35 | U.S.A. | Comments(9)

ランディ・ニューマン

b0021211_1171550.jpg

                       「セイル・アウェイ」

彼のアルバムはどれも素晴らしくて、どれも大傑作なのですが、1枚選ぶとしたらやはりこれですね。
シンプルなアレンジですが、まるで映画のサウンドトラックのよう。タイトルソングの「セイル・アウェイ」や「サイモン・スミスと踊る熊」等重要曲も収録。

それと今このエントリを書いていて見つけたのですがボーナストラック付きのこんなCDも出ていたのですね。
[PR]

by swan_ox | 2007-01-08 11:12 | U.S.A. | Comments(2)

インスタント・シトロン

b0021211_1504823.jpg

                     「CHANGE THIS WORLD」

キース・ウエストの名曲「グローサー・ジャック」等、子供コーラスものの楽曲は数多くありますが、日本のアーティストの子供コーラスもので最高なのは間違いなくこのインスタントシトロンの「チェンジ・ディス・ワールド」だと思います。

ボーカル&キーボードの片岡知子さんの歌声は甘茶ソウルにも通じる独特なものですし、ギターの長瀬五郎さんの作編曲能力はもの凄く高いです。(特にストリングスやハープのアレンジが最高)

これは1996年発表の彼らのデビューアルバム。11年も前なんですね。今でもまったく色褪せていません。

アルバムのラストに収録されたタイトルトラックは日本ポップスの金字塔だと思いますよ。
試聴がみつからなかったのでスワンの涙2に内緒でアップしときました。
[PR]

by swan_ox | 2007-01-07 01:56 | 歌謡曲 | Comments(0)

ジュリー・ドリスコール ブライアン・オーガー&ザ・トリニティ

b0021211_1658249.jpg

                           「ストリート・ノイズ」

1969年発表のLPでは2枚組みだった彼らの最高傑作。(CDでは1枚に収録)
このアルバムのLPの内ジャケがまた素晴らしいです。(イエスの「危機」には負けますが。)
1曲目の「トロピック・オブ・カプリコーン」から素晴らしすぎてシビれてしまいます。

ジュリー・ドリスコールはいかにもな英国フォークの人であり、トリニティのメンバーはどうやらジャズの人たちみたいなので、これは初期のフュージョンと呼べるものかも知れません。

コルグのシンセサイザー「トリニティ」はこのバンドから名づけたのでしょうか?

ブライアン・オーガーで何か1枚といったら迷うことなくこのアルバムをお薦めします。


本年もよろしくお願い致します。
[PR]

by swan_ox | 2007-01-06 17:10 | U.K. | Comments(0)