アーサー・アレクサンダー Arthur Alexander

b0021211_101624.jpg

                                「グレイテスト」


アーサー・アレクサンダーの絶頂期のベスト。

イギリスで評価が高いR&B歌手の一人です。それもそのはず、ビートルズがカバーした「アンナ」やストーンズがカバーした「ユー・ベター・ムーヴ・オン」はいずれもこのアーサー・アレクサンダーの書いた曲です。

ただ、この人はこの代表作の2曲はオリジナルですが、他の作品は他人の曲が多いです。バリー・マン&シンシア・ウェル作の「Where Have You Been All My Life」なんかは最高としか言いようのない作品です。

そんな名曲揃いのこのベストの中でも最高の1曲は「ソルジャー・オブ・ラブ」でしょう。イントロからすぐにサビに入る展開はビートルズの「エニー・タイム・アット・オール」のようです。

歌のうまい人ではないですが、素朴な味のある歌手ですね。

このベストは選曲が良いです。自分が持っているのは、かな~り昔に出たベスト盤やアナログ盤なので買おうかなとも思ったのですがお値段が高いですね。(涙)

ビートルズやストーンズのおかげでカタログ落ちしない一人でしょう。(笑)
[PR]

by swan_ox | 2007-03-31 01:11 | ソウル | Comments(8)

吉田 正

YouTube見ていたらこんなのを見つけてしまいました。


なんと、故 吉田正が指揮棒を振っています。

歌うのはビクターの秘蔵っ子、橋幸夫にフランク永井。
二人とも死ぬほど歌がうまいです。

貴重な映像が見れてうれしいです。
[PR]

by swan_ox | 2007-03-14 02:58 | 歌謡曲 | Comments(2)

THE BEATLES 2

b0021211_14364263.jpgb0021211_14365458.jpg













b0021211_14371564.jpgb0021211_14393353.jpg













b0021211_14395673.jpgb0021211_1440926.jpg
[PR]

by swan_ox | 2007-03-13 14:40 | U.K. | Comments(6)

THE BEATLES

b0021211_142895.jpgb0021211_14281948.jpg













b0021211_14283352.jpgb0021211_14284484.jpg













b0021211_1429457.jpgb0021211_14291380.jpg
[PR]

by swan_ox | 2007-03-13 14:30 | U.K. | Comments(0)

THE BEACH BOYS 2

b0021211_13172233.jpgb0021211_13173618.jpg













b0021211_1318117.jpgb0021211_1318137.jpg













b0021211_13184829.jpgb0021211_131917.jpg













大好きなビーチボーイズはこの辺までです。
「フレンズ」の良さが判りません。「ワイルド・ハニー」は少しは判るのですがね。
「サンフラワー」は好きです。他にブラザー時代では「MIU」、「L.A.」なんかは好きですね。
[PR]

by swan_ox | 2007-03-13 13:22 | U.S.A. | Comments(4)

THE BEACH BOYS

b0021211_1325221.jpgb0021211_12593640.jpg













b0021211_130959.jpgb0021211_1303357.jpg













b0021211_1305446.jpgb0021211_1311058.jpg












デニスがサーフィンに凝っていて良かったですね。

またしてもジャケットを自分のブログに貼り付けたいだけの記事ですみません。
この辺は語りつくされていますからね。プロデューサーがブライアンになった「サーファー・ガール」以降のアルバムが圧倒的にいいですね。

それにしてもデビューアルバムが1962年の10月発売で6枚目が1964年7月発売ですからこの6枚は1年9ヶ月の期間に発売されたんですよね。およそ3ヶ月に1枚発表していたんですね。しかも内容も素晴らしい。
最近の3年に1枚しか出さないアーティストは、これを見習って欲しいです。(^^)
[PR]

by swan_ox | 2007-03-12 23:54 | U.S.A. | Comments(2)

The Smith Connection 「Under My Wings」

b0021211_2237587.jpg

               The Smith Connection 「Under My Wings」

甘茶界最高のジャケットと名高い1972年にミュージック・マーチャント・レーベルから発売されたスミス・コネクション唯一のアルバム。
良いのはジャケットだけでなく、内容も全曲甘ったるいバラードに終始する(褒めてます)甘茶ファンの理想を実現したアルバムなのです。

これだけ高水準な音楽を発表しておきながらアルバム一枚で散っていった所もこれまた甘茶ファンの心をとらえて離しません。フィラデルフィアのやはり最高の甘茶グループであるコンチネンタル・フォーを思い出させます。

デトロイト出身のファミリー・グループであるスミス・コネクションは最初スミス・ブラザースという名義でアイズレー等が在籍したTネックからシングルを出しているがまったく話題にならず、スミス・コネクションと名前を変えてH-D-H傘下のミュージック・マーチャントからこのアルバムを出しています。(当時、このブラザースは全員10代)

このアルバムが良いのには理由があります。このグループにはマイケル・ラヴ・スミスという有能なソングライターが在籍していたことと、プロデューサーがモータウンのゴーストライターとして知られるロナルド・ダンパーだったことが大きいです。

マイケル・ラヴ・スミスはその後モータウンでソングライターとして活躍し、テンプテーションズやジャクソン・ファイヴに作品を提供しています。

全11曲中オリジナルが8曲、カバーが3曲(「雨の日と月曜日は」の素晴らしいバージョンを含む)という構成ですが、オリジナルがどれも本当に素晴らしいです。まだアマゾンにもあるみたいなので入手可能なうちにどうぞ。
[PR]

by swan_ox | 2007-03-11 23:13 | ソウル | Comments(2)

THE BYRDS 2

b0021211_0432888.jpgb0021211_0434823.jpg













b0021211_0441226.jpgb0021211_0451789.jpg












b0021211_0453621.jpg

BYRDSのオリジナルアルバムの画像をを全部ブログにアップしたくなっただけとも言います。

そういえば、こちらは「イージーライダーのバラード」以外はCDでしか持ってません。
初期の6枚は、すべてアナログで持ってるのですがね・・・
[PR]

by swan_ox | 2007-03-11 00:46 | U.S.A. | Comments(2)

THE BYRDS

b0021211_12353126.jpgb0021211_1235483.jpg













b0021211_12361524.jpgb0021211_12362647.jpg














b0021211_12364856.jpgb0021211_1237854.jpg















今更ながら、この辺りのアルバムまでのバーズは死ぬほど好きですね。
[PR]

by swan_ox | 2007-03-10 12:38 | U.S.A. | Comments(8)

木村カエラ 「Scratch」

b0021211_11394264.jpg

                          「Scratch」

木村カエラの3枚目のアルバム。
1枚目のインディーズ系ロック路線からどんどんポップスになっていった1枚。

初期のロック系が良かったとの声もありますが、アルバムのクオリティとしては間違いなく進歩していると思います。

「L.Drunk」

「Magic Music」 (イエロー・サブマリンみたいなPV)

「snowdome」

「TREE CLIMBERS」

「Ground Control」 (上の「snowdome」のB面ながら素晴らしい曲)

「You」

デビュー初期のTV出演と「happiness!!!」

「Oh Pretty Woman」(ロイ・オービソンのカバー)

sakusaku出演時(デビュー前)の映像 増田ジゴロウ 「カボチャーマンのうた」
[PR]

by swan_ox | 2007-03-09 11:40 | 歌謡曲 | Comments(4)