ひとりGS特集

アップしました。
[PR]

by swan_ox | 2007-08-31 23:59 | 歌謡曲 | Comments(2)

リンダ・グリナー

b0021211_015283.jpg

               
モータウンのコンプリートシングルスを購入してしまったので最近はそればかり聴いてます。
とにかく質量ともに膨大なのでクレジットでスモーキー・ロビンソン作品なんかには注目しながら聴いてます。
そんな中でいかにも初期のスモーキーらしい作品を発見しました。

モータウンから僅かに1枚のシングルを発表したリンダ・グリナーという女性歌手の「グッバイ・クルエル・ラブ」(B面は「エンビシャス」)っていう曲です。

モータウン後、リン・ローマンに名を変えて60年代の後半にパラマウントからシングル7枚とLP2枚、その後70年代にもコロンビアからもアルバムを出しています。

それなりにモータウンは聴いてきたつもりでいましたが、まだまだ知らない素晴らしい歌手、曲があることを再認識いたしました。アーティスト名をながめても知ってる人は3分の1くらいしかいないんですから・・・

ライナー(もちろん英語なので訳すのが大変ですが)を読みながら聴いていると本当に楽しいです。




(ライナーより)
彼女は15歳のときにワシントンDCのハワードシアターに出演した。その時にスモーキーロビンソンに目をつけられ、ベリー・ゴーディーに引き合わせるためにデトロイトに連れて来られた。
ジェームス・ダーレンの大ヒット「グッバイ・クルエル・ワールド」からタイトルを拝借した「グッバイ・クルエル・ラブ」はスモーキー・ロビンソンの作品で、クレジットはないがバックコーラスはミラクルズが担当している。
[PR]

by swan_ox | 2007-08-23 23:54 | ソウル | Comments(2)

コンプリート・モータウン・シングルズ

久々の大人買いをしてしまいました。

b0021211_1405381.jpg

モータウンから発売されたシングル曲が年代順にAB面全て収録。モータウンのような巨大なレコード会社の一時期とはいえコンプリートを本当に出してくれるなんて夢のような話ですね。


(タワーレコードのレビュー)
当初このシリーズはレーベル”Hip-o Select”のサイト通販のみでしか手に入れることができませんでしたが、この度晴れて一般流通がスタート!
コアなモータウン・ファンでもおそらく初めて聴く音源がいっぱいあり、改めてモータウンというレーベルの素晴らしさを確認できてしまうシリーズです。また各シリーズには詳細データと貴重な写真を掲載した豪華ブックレット&特典7インチ・シングル付き!
これは是非とも一生もんとして手に入れて欲しい宝物アイテムですよ!


今のところVol.7まで発売されています。最終的にVol.12までいくらしいですよ。!
「7」までで37枚! 収録時間もおそらくCDいっぱいの1枚70分超えだと思います。

モータウンは大好きでそれなりにアルバムやらアーティストのボックスだとかLP、CDでいろいろと持っている自分ですが収録曲を眺めてみると、まだまだ知らない曲のオンパレード!

さすがに1965~67年あたりの黄金期のA面は知名度が高い楽曲も多いですが、それでもB面の完全収録は死ぬほど嬉しいです。

全部一気に買ったら8万円を超えてしまいましたが、いい買い物をしたと喜んでおります。


モータウンの黄金期はH-D-Hがモータウンを離れる前までだと思っていますので「7」まででいいかなとも思っています。でも「8」以降が出たらきっと買ってしまうのでしょうね。

スモーキーの書いた知られざる名曲に出会うのも楽しみです。到着が待ち遠しいです。

「コンプリート」の名に恥じない素晴らしい企画だと思います。



アマゾン
HMV(一部試聴あり)
タワー(曲目、アーティストについて詳しい)

HMVが一番安かったのでHMVで注文しました。
[PR]

by swan_ox | 2007-08-20 01:42 | ソウル | Comments(8)

フレンド&ラバー 「リーチ・アウト・オブ・ザ・ダークネス」

b0021211_1315346.jpg

                         「リーチ・アウト・オブ・ザ・ダークネス」

chitlinさんモスコさんから激しく煽られて購入してしまったフレンド&ラバーが先日到着しました。
ボートラなしの11曲入り、収録時間も31分と短い割りには少々お高いお値段でしたが、内容は聴いて納得の素晴らしいものでした。

このフレンド&ラバーはジム・ポストとキャッシー・ポストの夫婦デュオ(のちに離婚)で、アルバムタイトル曲である「リーチ・アウト・オブ・ザ・ダークネス」が1968年に全米トップ10ヒットになっています。
このシングル曲はベースとドラムのイントロから最高でヒットして当然といった内容を持っています。(曲調はママパパの「青空を探せ」に通じるものがあります。)

アルバムはこの「リーチ・アウト・オブ・ザ・ダークネス」を含めて全曲ジム・ポストが書いており、彼のソングライティング能力の高さが伺えます。
特に1曲目の「ボストン・イズ・ア・ラブリー・タウン」はトレイドウインズの「ニューヨーク・イズ・ア・ロンリー・タウン」に匹敵するカッコよさです。

全体的には『ジョン・フィリップスの曲をポール・レカがプロデュース』したって感じで実にサイケしています。

アルバム曲にイイ曲が多くて楽しめました。
chitlinさん、モスコさん、素敵な音楽を教えてくれてありがとうございます。
[PR]

by swan_ox | 2007-08-19 02:00 | U.S.A. | Comments(2)

コンチネンタル・フォー 「ドリーム・ワールド」

b0021211_075244.jpg

                         「ドリーム・ワールド」

コンチネンタル・フォー唯一のアルバムです。甘茶ファン必携のアルバム。
このグループはフィラデルフィアの4人組でジャケにはなぜかお姉さんが一人写っています。(裏ジャケにも登場)
ジェイ・ウォーキンというマイナーレーベルから出されたオリジナル盤はかなりのレアアイテムらしいです。自分のレコードは70年代終わりか80年代初頭にP-Vineから出た日本盤です。10年くらい前にコレクタブルという再発専門メーカーからCDも出ていました。

甘茶ソウルのアルバムでどれか1枚と言われたら真っ先に頭に浮かぶのがこのアルバムです。とにかくバラードのクオリティがもの凄いです。中古ショップで見かけたら即ゲットをお薦めします。
[PR]

by swan_ox | 2007-08-18 23:57 | ソウル | Comments(0)

ミチ佐藤 「愛の世界」

b0021211_3142969.jpg

                            「愛の世界」 (廃盤)

このアルバムは私の友人ミチ佐藤氏が1997年に制作したファーストアルバムである。

ミチ佐藤 「愛の世界」 収録曲

1.オーシャン・ラブ
2.リバー・ラブ
3.プール・ラブ
4.愛は生きている
5.シャウト・ラブ(愛の雄叫び)
6.リメンバー・ラブ
7.ヘイ・ミスター・バンクマン
8.青いクレスタ
9.Wake Up Morning
10.泣きたい植物人間天国
11.シー・チェンジ
12.ジハード(聖戦)
13.Nothing To Lose

(ボーナストラック)
14.川の中の兄貴
15.兄貴
16.公園の兄貴
17.蒼いクレスタ
18.リトル・ジプシー・ボーイ

今ならコチラで無料試聴できます!!
[PR]

by swan_ox | 2007-08-14 03:23 | 歌謡曲 | Comments(5)

チャーリー・パーカー 「ウィズ・ストリングス」

b0021211_1114343.jpg

チャーリー・パーカーが残したオーケストラ(ストリングス)との共演もの。

ビバップの創始者をつかまえてストリングスものかよ・・・・という批判はとりあえず受け付けません。
ビバップものもちゃんと売ってるので心配はいりません。

ジャズには詳しくないので単純に聴き心地がいいアルバムを多く聴くのですが、これとかマイルスの「マイルス・アヘッド」とか軟弱なジャズが結構好きなんですよね。
軟弱と言うと聞こえが悪いのでしっかりアレンジされたジャズとでも言っておきます。

オーネット・コールマンの「アメリカの空」なんかが好きな人には絶対お薦めのアルバム。
[PR]

by swan_ox | 2007-08-13 23:36 | ジャズ | Comments(0)

スワン横田 レコーディングスタジオ

b0021211_1603949.jpg

ミキサーです。24×2チャンネル 8バス


b0021211_1605973.jpg

上から
パワー・コンディショナー FURMAN 「PL-8」

音源
ALESIS 「QSR」
ALESIS 「DM5」

MDレコーダー
SONY 「MDS-E55」
TEAC 「MD-5」

サンプラー
AKAI 「S-5000」

マスタリング・コンプレッサー
t.c. electronic 「Finalizer」

音源
Roland 「JV-2080」

エフェクター
BBE 「462」

CDプレイヤー
marantz 「CD-615」

MTR
Fostex 「D-160 Ver.2」

DAT
SONY 「DTC-A8」

エフェクター
BEHRINGER 「PROTECTOR」
BEHRINGER 「ULTRA MATCH」


b0021211_161675.jpg

上から
エフェクター
dbx 「1066」
dbx 「166A」
BOSS 「RV-70」
KORG 「DL-8000R」
BOSS 「SX-700」
Lexicon 「MPX-100」
BEHRINGER 「MULTICOM」


b0021211_1611549.jpg

上から
エフェクター
HHB 「Radius 30」
Lexicon 「Alex」
ZOOM 「STUDIO 1204」

MIDIインターフェイス
MOTU 「midi express XT」

AD/DAコンバータ
marantz 「RC-620」


b0021211_1613319.jpg
b0021211_1614090.jpg
b0021211_1614893.jpg
b0021211_161596.jpg
b0021211_162765.jpg
b0021211_1621727.jpg


これらの機材はすべて船橋市においてあるので関西単身赴任中の身では使えません。(涙)

ここでレコーディングされた曲はココで聴けます。
[PR]

by swan_ox | 2007-08-12 16:02 | その他 | Comments(6)

モダン・ジャズ・カルテット 「ラスト・コンサート」

b0021211_15551788.jpg

                          「ラスト・コンサート」

MJQ解散時の74年のタイトルどおり最後のコンサートを収録したアルバム。


CDでは完全版としてLPの時に未収録だった「THE LEGENDARY PROFILE」と
「CONCIERTO DE ARANJUEZ 」を収録。

彼らは「コンコルド」や「フォンテッサ」といった超名作アルバムもあるが、最高の1枚となるとやはりこれになってしまうんですね。

MJQのメンバーは以下のとおり。
ジョン・ルイス(p)
ミルト・ジャクソン(vib)
パーシー・ヒース(Bass)
コニー・ケイ(ds)
(残念ながら全員お亡くなりになっています。)

当初ミルト・ジャクソン・カルテット(これでもMJQ)だったらしいですが、別にそれでも良かったのではと思うくらいこのバンドでの彼のヴィブラフォンは重要です。

そういえばマイルスの傑作「バグズ・グルーヴ」もミルト・ジャクソンのヴァイブなくしてはあり得ない演奏でしたね。
[PR]

by swan_ox | 2007-08-11 16:12 | ジャズ | Comments(0)

明石海峡大橋

b0021211_119074.jpg

讃岐うどんを食べに四国に行った時に帰りに夜の明石海峡大橋を撮影しました。

こうして見ると世界一大きい橋って感じがあまりしないですね。

夜間は時報と共にイルミネーションの色が変わったりとステキな橋です。


阪神淡路大震災で1m伸びたんですね。
[PR]

by swan_ox | 2007-08-10 01:20 | 旅行(その他) | Comments(0)