「ほっ」と。キャンペーン

ニッキー・ホプキンス 「夢見る人(The Tin Man Was a Dreamer)」

b0021211_22443537.jpg

                             「The Tin Man Was a Dreamer」


アナログ盤連続紹介の3枚目は「夢見る人」。
1973年発表のニッキー・ホプキンスのソロ・アルバム。

特にA面2曲目の「WAITING FOR THE BAND」が素晴らしい。

このアルバムは何年か前にソニーがキャロルキングのシティあたりと一緒に再発してくれたのだが、アナログがあるからCDは要らないと思い買わなかったらその後、2度と再発されていない。
もちろんその時が世界初CD化だったように記憶している。
あの頃のソニーもので2度と再発していないものが結構ありそうですね。

このアルバムにはジョージ・ハリスン、ミック・テイラー、等が参加している。


TBさせていただいたブログ
「BYRD'S SELECT MUSIC」 "The Tin Man Was A Dreamer" Nicky Hopkins
[PR]

by swan_ox | 2009-04-29 23:01 | U.K.

ジーン・クラーク 「ジーン・クラーク (ホワイト・ライト)」

b0021211_18451.jpg

                           「Gene Clark」

今日は昼過ぎに思いついて伊香保、草津と群馬県の温泉めぐりに一人で行ってしまった。
車の中で麻丘めぐみやら、バーズやらを聴いていたのだが、バーズの初期の曲は圧倒的にジーンクラークの曲が良いと思った。そこで帰宅してジーン・クラークのアルバムを聴いてしまった。

ジーン・クラークは62年、ニュー・クリスティ・ミンストレルズにバリー・マクガイアらとともに在籍、その後脱退してロジャー・マッギンらとバーズを結成した。

バーズの初期の良質なオリジナル曲は多くの場合マッギン作でもクロスビー作でもなくジーン・クラーク作だったのだが、グループは「ミスター・タンブリンマン」の大ヒットのせいでマッギンのボーカルと12弦ギターがバーズのサウンドということになってしまった。マッギンと対立した彼は最初にバーズを抜けた人物になってしまった。

バーズをやめた彼は最初のソロアルバム「ウィズ・ザ・ゴスディン・ブラザーズ」(67年)、ダグ・ディラードと組んだ「幻想の旅」(68年)、次作「スルー・ザ・モーニング、スルー・ザ・ナイト」(69年)と名作を発表、それらのアルバムに収録された曲はフライング・バリット・ブラザーズ、カントリー・ガゼット、イーグルス、リンダ・ロンシュタットらが取り上げ、彼がカントリーロックのライターとして重要だったことを証明している。

この「ジーン・クラーク」はジェシ・デイビスのプロデュースで71年に発表されたデュオも含めると4作目。
オリジナルタイトルはもともと「Gene Clark」であり「White Light」ではない。しかしA面3曲目の「ホワイト・ライト」とアルバムジャケットのイメージでいつのまにか「ホワイト・ライト」と呼ばれるようになった。
b0021211_21307.jpg

自分の持ってるLPは写真のように「White Light」のタイトルになっている日本盤。今はCDもオリジナルである「Gene Clark」のみの表記である。

バーズで一番ビートルズっぽかった彼のこの代表作はカントリー・ロックを代表する1枚となっている。
[PR]

by swan_ox | 2009-04-08 02:01 | U.S.A.

ビートルズ  「アビイ・ロード」

b0021211_0362710.jpg


この春に単身赴任先の関西から千葉に戻ってきてしまいました。
関西ライフが思いのほか楽しかったので残念でなりませんが、実家に毎日帰れるとステレオも良い音で聴けるし、アナログ盤も好きなだけ聴けます。これはこれで嬉しいです。で、どちらが好きかで言ったら関西ですね。

将来はそっちの方に永住しようかなんて考えちゃったりもします。

で久しぶりにアナログでもじっくり聴こうかなとレコード棚から引っ張り出した「アビー・ロード」。
このアルバム、ビートルズのアルバムの中ではそんなに好きなレコードじゃないんですけど、アナログで2枚、CDも2枚ありました。どちらも日本で最初に発売されたものと、その再発盤です。自分はレコードやCDはほとんど売らないのでこのように同じタイトルで複数所有なんてことになってしまうのですが、このアビーロードのように「全世界同時発売!!」っていう帯なんかがあるとなんとなく売りたくないなって気持ちになりませんか??

昔、ビートルズのそっくりさんバンドのリボルバーっていうバンドのレコードを「もう聴かないな~」って売ってしまってそのあとに知人から「リボルバーのレコードを探してるんだけどまったく見つからない」って相談を受けて自分が昔売ってしまったことを言ったら死ぬほど悔しがっていたのが印象に残っていてそれからレコードを売らなくなってしまったんです。

でも明らかにダブっているCDなんかは本当は売りたいんですけど、なんか面倒なんですよね。

大名盤のアビーロードを出しておいてそちらのレビューはまったくなしですが、このアルバムを前に何を語れとおっしゃるのですか?・・・・・・・(笑)
[PR]

by swan_ox | 2009-04-05 23:50 | U.K.