ジャクソン・ブラウン 「レイト・フォー・ザ・スカイ」

b0021211_2401750.jpg

美しいジャケットは夜の写真に昼の空を合成させたものだとか。

ジャクソン・ブラウンはデビューは72年と遅いですが、実は60年代からニコやバーズ、他にも多くのアーティストに曲を提供する作曲家として音楽界では少し知られた存在でした。そんな才能豊かな彼が、なぜデビューしなかったかというと、彼の音楽仲間が彼の前にデビューしてことごとく失敗していたからだそうです。楽曲にお手軽な伴奏をつけてすぐに出来上がりみたいなレコード会社のノリがイヤでデビュー時に「好きにやらせてくれなければ契約しない」と言ってデビューを断っていたそうです。そうしてやっと好きにやらせてくれるレコード会社、デビッド・ゲフィンが立ち上げたアサイラム・レコードから72年に「ジャクソン・ブラウン」でデビューします。この「レイト・フォー・ザ・スカイ」「フォー・エブリマン」に続く3枚目のアルバムで彼の最高傑作だと思います。人によっては次作の「プリテンダー」をあげる人も多いかもしれませんが私は断然コレです。

ジャクソン・ブラウンはどのアルバムも素晴らしいのですが、このアルバムが圧倒的にヘビーローテーションです。彼のアルバムはウエストコースト人脈から有名どころが多数ゲスト参加した作品が多いのですが、このアルバムは彼のツアーバンド中心のシンプルなバックです。それが他のアルバムと一線を画するこのアルバムの魅力になっているのだと思います。



ライブ映像

「レイト・フォー・ザ・スカイ」

「悲しみの泉」

「ファーザー・オン」

「道と空」

「ダンサーに」

「ウォーキング・スロウ」

「ビフォー・ザ・デリュージ」

このアルバムの曲ではありませんが「孤独のランナー」(コーラスはブルース・スプリングスティーン)

このアルバムの影響を受けていると思われる名曲「スワロウテイル~あいのうた」のPV
[PR]

by swan_ox | 2006-06-14 03:05 | U.S.A. | Trackback(3) | Comments(15)

トラックバックURL : https://swanox.exblog.jp/tb/5009501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from BYRD'S SELEC.. at 2007-06-13 22:32
タイトル : "Late For The Sky" Jackson B..
早いものでこの"BYRD'S SELECT MUSIC"も昨日で3周年を迎えることとなりました。こうして3年もこのブログを続けることができましたのは、いつもコメントをいただいている常連の皆様をはじめ、読者の皆様の支えあってのものですので、本当に感謝しております。もう3年も書い...... more
Tracked from 鳥肌音楽 Chicken.. at 2007-10-30 09:18
タイトル : 光の英国
28日、この日が最終日のシュルレアリスム展を観に美術館へ行ってきました→シュルレアリスム展 こじんまりとはしていましたがマン・レイやエルンスト、キリコ、 ブローネル、デルヴォーそしてお目当てのマグリットの 「A SENSE OF REALI... more
Tracked from じゅうのblog at 2012-09-14 22:39
タイトル : 『レイト・フォー・ザ・スカイ』 ジャクソン・ブラウン
   "Late for the sky / Jackson Browne " [Late for the sky / Jackson Browne] 1970年代のフォークロックって、意外と好みでして、、、 「ジャクソン・ブラウン」の『レイト・フォー・ザ・スカイ』を聴いています。 [ジャクソン・ブラウン] 1974年に発表されて3rdアルバム。 この時代のフォークロックは、落ち着いて聴けるというか… BGMとして聴いていても耳障りじゃなくて、癒される感じですね。 ジャケットデザインも好み...... more
Commented by Yorkie('・c_・`) at 2006-06-16 09:12 x
スワンさん、おはようございます。
アジサイみたいな色合いの美しく
不思議な雰囲気のジャケ画像、素敵ですね。
ジャクソン・ブラウンは
実家に1枚、LPがあるのを思い出しました。
自由の女神の顔のドアップのジャケでした。
捨て曲無しで購入当時よく聴いてました。
歌声もナチュラルで素敵ですよね。
Commented by スワン at 2006-06-16 12:07 x
おおっそれは「Lives in the Balance」ですね。1曲目の「フォー・アメリカ」がカッコイイですね。でもジャクソンブラウンは初期が最高ですよ。
Commented by BYRD at 2006-06-16 23:08 x
自分もジャクソン・ブラウンは初期の方が好きです!
その好きな初期の中で1枚選ぶとなると自分もこの『Late For The Sky』ですね。(^^)
このアルバムはブルース・スプリングスティーンの『Born To Run』と並んでこの時期のアメリカン・ロックのアルバムでは最高傑作だと思います。(^^)
Commented by スワン at 2006-06-19 18:17 x
千葉に帰っていてレスが遅れてしまいました。申し訳ありません。
このアルバムが一番いいのはゆずれませんね。(^^)
個人的にはBorn To Runとかの何倍か好きです。
Commented by s刈v2 at 2006-06-21 18:44 x
確かに美しいジャケですね~。
Commented by スワン at 2006-06-22 21:25 x
s刈v2 さん、こんばんは。このアルバムはジャケも内容も素晴らしいの一言です。
Commented by kura_mo at 2006-06-25 01:25 x
俺もジャクソン・ブラウンといえばコレですね。
デヴィッド・リンドレーの美しいラップスティール(多分)に心洗われます。
個人的にはリンドレーとブラウンのコンビは非常に好きです。この二人でヨーロッパを回っているそうで、是非日本でも見たいものです(^^)
Commented by スワン at 2006-06-25 15:38 x
チャラ&小林武史がYEN TOWN BANDとして出した「Swallowtail Butterfly~あいのうた」っていう素晴らしい曲が数年前にありましたが、あの曲ってこのアルバムのトーンをそのまま引用してると思うんですよ。特にリンドレー風のギターは音色もフレーズもコピー大賞って感じです。

ブラウン&リンドレーヨーロッパをまわっているのですか、それは見てみたいですね。
Commented by デフレ親父 at 2006-06-26 09:50 x
更年期障害・うつ予備軍54歳オヤジもLate For TheSkyです!
1stとこれしか聞き込んでないが、あまりの出来の良さだと…
♪スワロウテイル”ってこれだったんですね、道理で納得です。
さすがのスワンさん、邦楽も洋楽も見識の広さ、深さに脱帽っス。
Commented by hegasi at 2006-06-26 23:38 x
ギターは名越さんですね、天然、天才系らしいです。
Commented by スワン at 2006-06-27 01:45 x
デフレ親父さん、こんばんは。
日本では尾崎豊と浜田省吾がジャクソンブラウンのフォロワーとして有名ですけど、おそらく小林武史もこのアルバムには相当やられたと思いますよ。尾崎、浜田に比べてもセンスのいい引用だと思います。
Commented by スワン at 2006-06-27 01:46 x
名越さんはスタジオミュージシャンですか?知りませんでしたが、このギターのスライドぶりを聴くとただものではなさそうですね。
Commented by hegasi at 2006-06-27 22:30 x
もともとバンドマンらしいのですけど、最近はやはりcharaもので有名になったかんじでしょうか。UAのツアーもやってたような気がします。
ちょうどcharaのアルバムを録った方が知り合いでして、やっぱりただ者じゃない、って言ってました。
Commented by スワン at 2006-06-28 00:40 x
なるほど、hegasiさんの知り合いでしたか。
でもそういう大事なクレジットってCDとか買うとちゃんと入っているのでしょうかね。
Commented by hegasi at 2006-06-29 12:00 x
アルバムはのってますね。。シングルはたいていのらないです。。(・_・、)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード