人気ブログランキング |

ひさびさのアナログ盤

b0021211_1545653.jpg

上段は左からコンチネンタルⅣ「ドリーム・ワールド」、ニルヴァーナ「ストーリー・オブ・サイモン・・」
中段は中央がストロベリー・アラーム・クロックのファースト、右がバッファロー「アゲイン」、
下段は左からトリニティー&ドリスコールの「ストリートノイズ」、ヴァニラ・ファッジのファースト、ラヴの「フォーエバー・チェンジス」
手前のCDはなぜかそのとき一緒に聴いたリロイ・ハトソンの6枚目とステイプルズのワーナー期のカーティスプロデュース作品。


最近、千葉の実家に帰ることが多かったので、帰ったついでに大阪で聴けなかったアナログ盤をいろいろと聴いて来ました。

自分の音楽の聴き方はアルバムを1枚通して聴くということはほとんどなく、アルバムの中から好きな曲をつまみ食いするスタイルです。ですからこの聴き方にはCDというフォーマットがピッタリなのです。アナログ盤はそういった聴き方をするのには向いていませんが、アルバム1枚をじっくり聴くにはジャケの大きさも含めてコチラの方が良いですね。

今回は写真のような60年代後半のロッククラッシックな名盤を中心に聴いて来ました。
他にもいろいろ聴いたのですが、写真には絵になりそうなジャケのものを載せてみました。

by swan_ox | 2008-03-18 15:58 | U.S.A. | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://swanox.exblog.jp/tb/8190914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by BYRD at 2008-03-18 21:33 x
やっぱりアナログ盤がズラッと並んでる光景っていいですよね~♪
自分はほとんどCDですので余計にそう思ってしまいますが、自分もスワンさんと同じくアルバム1枚通しで聴くより好きな曲だけつまみ食いする場合がほとんどですのでやっぱりCDの方が合ってるのかなと。^^;
Commented by スワン at 2008-03-19 19:06 x
BYRDさん、こんばんは。
アナログは一時期まるっきり聴かなくなっていたことがありましたが、
最近は実家ではたまに聴くんですよ。時代やジャンルによっては
レコードのほうが音が良いと感じる場合がたまにあります。
BYRDさんもつまみ食い派ですか。時間のない人には絶対お薦めの
聴き方ですよね。(^^)
Commented by kuronekoyuya at 2008-03-25 22:23
スワンさんのアナログ盤ジャケットを見て、きれい〜!すてき〜!
で、おでも数少ない手持ちのアルバムを激写してアップしてみました。
スワンさんのようなカッチョイイ音楽紹介は無理なんですが、
また真似っこしちゃいました〜

おでは子供の頃から超ド級のものぐさ者なおかげで、
アルバムは通して聴くことが多いです。CDになってからもそうです。
ほんとうは好きなのだけ聴きたいんですが、めんどうでつい全部聴いてしまいます。
最近は iTune があるので、その点便利になって、
ようやく好きなのだけ選んで聴いています。

この中で特に印象に残っているのはバッファロー・スプリングフィールドです。
クロスビー・スティルス・ナッシュ・アンド・ヤング
(ひぇ〜あいかわらず長い!)はあまり好きになれなかったのにこのアルバムは好きでした。
特にストーンズみたいな1曲目をよく覚えています。
ジャケットも横っちょからミケランジェロみたいな女の人がヒョコって
出てるのがおもしろくて好きでした。

先日の記事のジョン・ケイルは、かつて JJ ケイルと間違えててバカにされた
かなしい思い出が、トホホ
Commented by スワン at 2008-03-26 00:41 x
おで様、こんばんは。
カッチョイイ音楽紹介なんて自分は全然できません。
おで様のブログのほうが数倍はカッチョイイかと思うのですが・・・

自分も何か別のことをしながらの時とかは全部聴いたりするのですが、
スピーカーと向かい合って音楽を聴くような時は好きな曲しかかけませんね。

バッファローは自分も昔から大好きな1枚です。CSN&Yのどのアルバムよりもこちらがイイと思っています。ミケランジェロ風ジャケも素晴らしいですよね。蝶と鳥もイカシていると思います。

現代音楽のジョン・ケージとも間違われることがあるみたいですね。
名前
URL
削除用パスワード