人気ブログランキング |

ロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ

b0021211_233058.jpg

                          
ロジャニコのファーストアルバムは何度かCDで再発がされてきているが、これは当時のシングル盤用のモノミックスのみを収録したもの。正規盤のステレオミックスとは曲によってはかなり違ったり、フェイドアウトの時間が違ったりとマニア向けの商品。

しかし、この時代(66年~68年)はモノミックスの方が良い場合が多々あるので話はややこしい。ペンドルトン・レコードというマイナーレーベルから出た日本盤。

ちなみにこれらのモノミックスを担当したのはフィレスのチーフ・エンジニアだったラリー・レヴィンというのだからそのモノのクオリティは高いわけだ。(ステレオミックス担当はベンチャーズでお馴染みのブルース・ボトニック)

by swan_ox | 2008-05-04 00:50 | U.S.A. | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : https://swanox.exblog.jp/tb/8525909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by BYRD at 2008-05-05 17:24 x
こういうのが出ていたとは全く知りませんでした。。。

シングル用のモノ・ミックスはアルバムのボートラに収録されている2曲(「Just Beyond Your Smile」と「I'll Be Back」)しか聴いたことがありませんが、自分もその2曲に関してはアルバム用のステレオ・ミックスよりシングル用にモノ・ミックスの方が好きです。
Commented by ベンジャミン at 2008-05-05 19:49 x
私もこれは知りませんでした。。。
アマゾンで探してみたのですが、見つからなかったですわー。
いつ頃のなんでしょう?
Commented by スワン at 2008-05-06 03:45 x
BYRDさん、こんばんは。
これはおそらく海賊盤だと思われます。マスターもアナログレコードでしょう。BYRDさんがあげている2曲の他もモノ版はミックスが力強い感じで素晴らしいです。
Commented by スワン at 2008-05-06 03:50 x
ベンジャミンさん、こんばんは。
クレジットは1993年となっています。ジャケがポール・ウイリアムスとのデモみたいなデザインなのがステキですね。あちらのジャケはデモ盤のLPジャケットのデザインなので、それを流用したのでしょう。

Commented by Backstreets at 2009-01-11 17:25 x
ご無沙汰しております。本年も宜しくお願い申し上げます。
これは2001年にユニバーサルさんの「名盤の殿堂」シリーズの1枚として発売された『We've Only Just Begun』と同じようなジャケットですね。このベンドルトン盤は未聴ですが、『We've Only Just Begun』は未発表曲や別ヴァージョンが収録されていて、なかなか興味深く、シンプルなアレンジに好印象を与えられました。

Commented by swan_ox at 2009-01-18 23:46
Backstreetsさん、こんばんは。
お返事が遅くなってしまい、申し訳ございません。本年もよろしくお願い致します。

これはジャケは『We've Only Just Begun』みたいですが、収録曲は「スモール・サークル・オブ・フレンズ」のボートラ付と同じ楽曲がすべてモノラルミックスで入っています。「ラブ・ソー・ファイン」のガッツのあるモノミックスなんかが聴けるわけです。これが出た当時、まだ「レッツ・ライド」や「ドリフター」といった後期のシングル曲がこれでしか聴けなかったのでそれを目的に購入しました。
名前
URL
削除用パスワード