人気ブログランキング |

2008年 04月 06日 ( 1 )

J.Blackfoot 「City-Slicker」

b0021211_0341439.jpg

                           「City-Slicker」(1983年)


J.ブラックフットはソウル・チルドレンのメンバーとして活躍していたジョン・コルバート。
ソウル・チルドレンから独立してソロになった最初のアルバムがこの「City-Slicker」。

83年発表のアルバムだが、1曲目の「The Way Of The City」からファンキーなバンドサウンドでホーマー・バンクス&チャック・ブルックスのプロデュース(作曲も1曲を除いて彼ら)が奏功しているのが分かる。70年代的な音作りがうれしい。
ヒットした「タクシー」をはじめとしてどの曲も彼のイカしたボーカルが聴ける。

実はこのアルバム、アナログでは持っていたのですが、CD化されているのをずっと知らなかったんです。 ソウル・チルドレンの記事を書いたときにアマゾンで発見して注文しちゃいました。

by swan_ox | 2008-04-06 01:07 | ソウル | Trackback | Comments(0)